トップ > クリヤ・マコト(クリヤマコト)

クリヤ・マコト(クリヤマコト)

クリヤ・マコトは日本のジャズピアニスト、キーボーディスト、作曲家、編曲家、サウンド・プロデューサー。高校卒業後に渡米。
ウェストバージニア州立大学言語学部卒業。

略歴
兵庫県神戸市生まれ。ダチョウ倶楽部の上島竜兵は単なるクラスメイトというだけでなく、いつもつるんでいた3人グループの1人だった。米国留学中から演奏活動を開始。卒業後はピッツバーグ大学でジャズ史、インプロビゼーションの講師を務める傍ら、『チャック・マンジョーネ・グループ』などのメンバーとして全米各地をツアーを行うなどし、数々の米国アーティストとのパイプを築くとともにジャズの本場、アメリカで実力を認められる。

1990年に帰国しソロ活動を開始。その他純邦楽やクラシック演奏家、DJなどとのジャンルを超えたコラボレーションにも取り組み、作曲家、編曲家、サウンド・プロデューサーとしても活躍。平井堅、伊東たけし、土岐麻子らに楽曲提供するほか、テレビ/ラジオ番組主題歌、映画音楽、コマーシャル音楽など幅広い活動をおこなっている。

テレビ東京系アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマ「Fly me to the moon」をプレイ。これをきっかけに劇場版サウンドトラックにもレギュラーアーティストとして参加。1998年には、アニメーション・テーマのカバー・ジャズ・アルバムの先駆けとなった作品「ANTITHESIS」をリリースした。他に『BLEACH』など、鷺巣詩郎音楽監督作品に多数参加。自らも『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』、『8月のシンフォニー -渋谷2002〜2003』、『富嶽百景〜遙かなる場所〜』などの作品で音楽を担当している。

近年はヨーロッパでの公演活動も多く、2004年10月パリのユネスコ大ホールで行われた「国際音楽の日」記念音楽祭では唯一のアジア人として選ばれた。2005年には15ヶ国共同で行われたパリのジャズ・フェスティバル「Jazzy Colors」他、ドイツ、イタリア、イギリス各国からの招聘演奏でも実績をあげている。

2006年、日豪交流年を記念したスペシャルユニット「ジャパン・オーストラリア・ジャズ・オーケストラ」のプロデューサーを担当。「東京JAZZ 2006」、「しまなみ音楽祭」へ出演するほか、オーストラリア3都市をツアー。また、ロンドン「City Of Lon
続きを見る
閉じる

クリヤ・マコトのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
クリヤ・マコト(クリヤマコト)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!