トップ > Theピーズ(ピーズ)

Theピーズ(ピーズ)

Theピーズ (ザ・ピーズ,The Pees)は、1987年に結成した日本のロックバンド。1997年8月の東北ツアーを最後に一旦活動休止し、2002年7月に活動再開した。

概要
1980年代のバンドブームの中で生まれた数少ない現役バンドである。活動休止までの間はメンバー交代を繰り返していたが、活動再開後はメンバー交代はない。最高売上が2万枚と、一度も大ブレイクしたことはないが、長年メジャーレーベルで活動していた。

歌詞は、初期作品では、作詞作曲を手がける大木温之の、「音に乗る言葉でさえあればいい」と言う信念により性やくだらない日常の出来事を歌った歌詞がメインであったが、中期から活動休止期にかけては、ダメな自分、脱線した人生、焦り、なげやり、少しだけの希望といった自己の内面をさらけ出した詞が中心となっていく。特に中期では、「曲を作るたびに遺書のつもりで歌詞を書いた」と言い、10分を超える楽曲も見られる(初期の楽曲にもこういった傾向をうかがわせる予兆が見られる)。デビューから一貫して、難解な言葉を使わず、どんな複雑な事象や感情も、平易で短い言葉で表しきる歌詞作りがされている。人間の内面の表現しにくい部分を分かりやすくすくい上げるその手法で、音楽のみならず独自の詞世界としても一部より高い評価を受けている(省略)。

若手ミュージシャンでは、銀杏BOYZの峯田和伸やサンボマスターの山口隆などが、彼らに影響を受けたと公言している。また、ウルフルズのトータス松本は「俺は一時期、はるになりたかった」とインタビューで語っている。その他、芸能界では田村亮(ロンドンブーツ1号2号)がピーズ好きで有名であり、シングル「底なし」は彼の希望によって、あなあきロンドンブーツのタイアップとなったというエピソードがある。文学界では芥川賞作家の絲山秋子が、自身の作品「逃亡くそたわけ」の中で歌詞を引用した。この作品は映画化され、作中で「日が暮れても彼女と歩いてた」をはじめとするピーズの曲が挿入歌として使用された。
小説家の伊坂幸太郎と映画監督の山下敦弘がそれぞれTheピーズの「実験4号」を下にした短編小説、映画を箱入り仕様で講談社から2008年に発売している。

メンバー
現在のメンバー
* 大木温之(おおき はるゆき、1965年12月14日 - )
: ボーカル・ベースを担当。
: 愛称「はる」
続きを見る
閉じる

Theピーズのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
Theピーズ(ピーズ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!