トップ > 久石譲(ヒサイシジョウ)

久石譲(ヒサイシジョウ)

久石 譲(ひさいし じょう、(省略)、1950年12月6日 - )は、日本の作曲家、編曲家、指揮者、ピアニスト。本名、藤澤 守(ふじさわ まもる)。歌手の麻衣は長女。

概要
長野県中野市出身。長野県須坂高等学校を経て、国立音楽大学作曲科卒業。久石譲の名は、音楽家として活動する以上それなりの名前が必要ということで、大学在学中に友人と話し合った結果、当時活躍していたクインシー・ジョーンズの名前をもじり漢字に当てた。また、本名である藤澤守名義でも作品を発表している。

映画音楽を中心に手掛ける。特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以来、『風立ちぬ』に至る29年間全ての長編アニメーション映画の音楽を手掛けている。また、北野武監督作品においても、『あの夏、いちばん静かな海。』から『Dolls』に至る7作品の音楽を手掛けている。

ソロ活動も行っており、『Piano Stories』をはじめ、『MKWAJU』や『Melodyphony』など多数のソロアルバムをリリースしている。これらの作品では指揮・演奏・プロデュースも手掛け、ジャンルに捉われない独自のスタイルを築いている。また、一部の作品では自らボーカルを担当している。

来歴
4歳の時に鈴木鎮一ヴァイオリン教室でヴァイオリンを習い始める。幼少から、高校教師の父(補導の担当場所が映画館だった)に連れられて年間約300本の映画を4年続けて見ており、そのことが現在の仕事に強く影響を与えていると後に語っている。

中学では吹奏楽部に所属しトランペットを担当。この際、演奏よりも部活用の譜面を書いて周囲に聴いてもらえる方が嬉しいと思ったことから作曲家を志すようになる。須坂高等学校在学中、幌村隆に師事し和声や対位法などの音楽理論を学ぶ。また、月2回上京し島岡譲のレッスンを受けた(省略)。

国立音楽大学作曲科で島岡譲に引き続き師事。在学中よりコンサートの楽曲提供・プロデュースを行う。20歳の時にミニマル・ミュージックに出会い影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始する。また、テリー・ライリーやスティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラスといった世界的なミニマル・ミュージックの作曲家の楽曲分析を始める(省略)。

卒業後もアンサンブルグループを結成してコンサート活動をする(省略)傍ら、1974年、テレビアニメ『はじめ人間ギャー
続きを見る
閉じる

久石譲のチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
久石譲(ヒサイシジョウ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!