トップ > ホワイトスネイク(ホワイトスネイク)

ホワイトスネイク(ホワイトスネイク)

ホワイトスネイク(Whitesnake)は、1977年に活動を開始したイギリスのハードロックバンド。

元ディープ・パープルのデイヴィッド・カヴァデール(ヴォーカル)を不動のフロントマンとし、他のメンバーは彼をサポートをする形をとっている。

来歴
成り立ち
ディープ・パープル解散後の1976年、デイヴィッド・カヴァデールはソロ・アーティストとして活動を開始した。このとき作曲と演奏の両面で共同制作者としてサポートしたのがギタリスト・ソングライターのミッキー・ムーディである。グループ名ともなる「Whitesnake」という共作が収められた最初のソロ・アルバム『ホワイトスネイク』(1977)、そして2作目の『ノースウィンド』(1978)をロジャー・グローヴァーの下で制作し、カヴァデールを中心としたグループホワイトスネイクが形成されていく。

初期と商業的成功 1978-1982
初期のメンバーは前出のミッキー・ムーディに、元ストリート・ウォーカーズのディヴ・ドウルとブライアン・ジョンストン、バーニー・マースデン、ニール・マーレイ。さらにジョンストンがピート・ソリーに代わりグループがスタートする。1978年、グループのお披露目となるEPアルバム『スネイクバイト』からDavid Coverdale's Whitesnake名義のバンド活動がスタートし、同年初のフルアルバム『トラブル』(このアルバムからDavid Coverdale'sが取れ、シンプルにWhitesnakeとなる )からジョン・ロードが参加、後にはやはり元ディープ・パープルのドラマーイアン・ペイスも合流する。

元ディープ・パープルのメンバーが三人も集まっていたが、ホワイトスネイクの音楽性はデイヴィッド・カヴァデール自身が傾倒するブルースとハードロックを基本としていた。UKチャートでトップ20に上ったシングル「フール・フォー・ユア・ラヴィング」(1980年)、「ドント・ブレイク・マイ・ハート・アゲイン」(1981年)などのスマッシュ・ヒット曲も出て、英国、欧州そして日本では根強い人気を誇った。1981年の来日公演も成功した。

だが、ディープ・パープル時代からの恩人でもあるロードとペイスも、カヴァデール主導で動くホワイトスネイクでは待遇が悪いことに不満を感じており、ペイスは他のバンドからの誘いなどを理由に脱退
続きを見る
閉じる

ホワイトスネイクのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
ホワイトスネイク(ホワイトスネイク)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!