トップ > 山崎まさよし(ヤマザキマサヨシ)

山崎まさよし(ヤマザキマサヨシ)

山崎 まさよし(やまざき まさよし、本名:山崎将義、1971年(昭和46年)12月23日 - )は、日本のシンガーソングライター。身長176cm。体重64kg。既婚。

基本的にはギタリストであり、アコースティックギターやブルースハープの名手として知られるが、いわゆるマルチプレイヤーであり、作品によっては全ての楽器をこなしていることもある。

愛称は「まさやん」。天然パーマがトレードマーク。

経歴
デビュー前
滋賀県大津市で生まれ、小学校3年の手前まで草津市で暮らす。8歳の時に山口県防府市に移る。引っ越し先で友達ができていくきっかけが地元の太鼓の練習であり、中学になると本格的に音楽活動を始める。当時はドラマーであり、多くのバンドを掛け持ちする人気ドラマーだった。

山口県立防府西高等学校卒業後、しばらく厨房で働いた後、1990年頃から日中は中関港のマツダ防府工場で、船内の自動車をベルトで固定する荷役の労働に従事して、夜は周南市にあるライブハウス「Boogie House」でライブ活動をするという日々を1年半過ごした。この「BoogieHouse」に出演交渉に行った際、「ライブをやりたいけど、どういうスタイルでやればいいのか分からない」と悩んでいた山崎だったが、マスターの森永正志(2012年食道ガンで逝去)は「ブルースはどうか」と、カセットテープにライトニン・ホプキンスを吹き込み手渡した。山崎はカセットを聞き非常に感銘を受け、ギターの弾き語りと作詞・作曲、いわゆるシンガーソングライターとしての活動を本格的に始めるようになった。その後も森永との師弟関係は続き、後に山崎は公式ファンクラブを立ち上げることになった際に、このライブハウスの名前から「BOOGIE HOUSE」と名付けている。

1991年、レコード会社「キティ・レコード」と映画製作会社「キティ・フィルム」を混同し、キティ・フィルム主催のアクター・オーディションを受けてしまうというミスをやらかす。同オーディションは応募者が1000人以上という規模の大きいものであったが、俳優のオーディションだと山崎が気づいたのは、同年7月に行われた東京での最終審査の直前であったという。最終審査の場で、山崎は自作の歌「Rough Rock'n Roll Boogie」「中華料理」を歌い、「新人歌手のオーディションだったら間違いなく
続きを見る
閉じる

山崎まさよしのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
山崎まさよし(ヤマザキマサヨシ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!