トップ > 三遊亭円丈(サンユウテイエンジョウ)

三遊亭円丈(サンユウテイエンジョウ)

レビュー

三遊亭円丈の公演について感想やコメントを投稿しよう!
現在のレビュー件数:4件
三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう)は落語家の名跡。当代は3代目だが、落語協会公式においては、「初代」という位置づけになっている(師匠圓生が、圓丈の真打昇進の際に「お前が初代だ」と発言した事が起因と思われる)が、本人は「3代目」と記述する事が多い。

* 初代三遊亭圓丈 - 後の6代目司馬龍生。本名は永島勝之助。
** 初代と2代目の間に、もう一人圓丈がいた可能性があるが、詳細不明。
* 2代目三遊亭圓丈 - 最初は4代目橘家圓喬門下で喬太を名乗り、後に圓丈となる。本名は山内正次郎。
* 3代目三遊亭圓丈 - 本項にて詳述。
----
(省略)
3代目三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう、1944年12月10日 - )は落語協会所属の落語家、同協会監事。本名は大角 弘(おおすみ ひろし)。愛知県名古屋市瑞穂区出身。東京都足立区六町在住。明治大学文学部演劇学科中退。出囃子は『官女』。主に新作落語を演じる。

なお表記については本人の出版物・作成物の名義や、本人(及び門弟)の表記は一貫して「円丈」と表記されている。一部媒体においても「圓」の付く落語家の中で、彼のみ「円丈」で分けて記されているものが存在する。3代目本人は「圓」でも「円」でも「どっちでも良い」と語っている。

経歴
* 1964年 - 12月、6代目三遊亭圓生に入門。前座名「ぬう生」。
* 1969年 - 4月、二つ目に昇進。
* 1978年 - 3月、真打昇進と同時に「圓丈」を襲名。
** 同年6月、落語協会が分裂し師匠圓生と共に脱会。落語三遊協会に参加。
* 1980年 - 前年の圓生急逝により落語三遊協会が解散、落語協会に復帰。
* 1981年 - 第9回日本放送演芸大賞最優秀ホープ賞を受賞
* 2003年 - 落語協会監事に就任。
* 2006年 - 落語協会監事再任。

来歴・人物
1979年に師匠・6代目三遊亭圓生が死去するまでは圓生が新作を嫌っていたこともあり、古典を演じることが多かったが、1980年代以降はもっぱら新作派として知られる。その演目のほとんどは自作である。従来の新作落語は落語芸術協会の柳家金語楼の流れを汲むものであったが、圓丈はこうした新作がすでに古臭くなっていると考え、独自の「実験落語」を創作。弟子の三遊亭白鳥や柳家喬太郎、春風亭昇太(元々は圓丈への弟子入りを考えていたと
続きを見る
閉じる

三遊亭円丈のチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
三遊亭円丈(サンユウテイエンジョウ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!