トップ > RX(アールエックス)

RX(アールエックス)

RX(アールエックス)は、日本のバンド。ジャズ、ファンク、プログレッシブ・ロックなどをベースにしたフュージョンをメインとしていたユニットである。

概要
聖飢魔IIの構成員であったライデン湯沢(現 雷電湯澤、ドラム担当)とゼノン石川(現 石川俊介、ベース担当)を核として結成、そこへ聖飢魔IIをサポートしていた妖怪マツザキ様(又の名を怪人松崎様。現 松崎雄一、キーボード担当)が加わり、3名を中心として活動した。バンド名も Raiden Yuzawa、Xenon Ishikawa、各々の頭文字を取って RX としている。

略歴
1991年に1stアルバム『CHEMICAL REACTION』発売。本多俊之、渡辺香津美、和田アキラほか豪華なゲストも話題を呼び、オリコンチャート最高14位というインストゥルメンタルとしては異例のヒットとなった。同アルバムに伴うライブではアルバムに参加したミュージシャンの殆どがステージに立ち、その模様はライブ・アルバム『Rare' Xtra』に納められた。

聖飢魔IIの活動に専念するため一時的に活動を休止していたが、解散後に人間の姿で再始動、さっそく2000年にはアルバム『Zeitmesser』を発表。初の全国ツアーも行う。

翌2001年に発表されたアルバム『Elements』にはジョン・ウェットンが参加。さらに彼は同アルバム完成直後に行われたライブにもゲスト出演し、これがきっかけでウェットンのロンドン公演のサポートが決定する。ウェットンと共に演奏されたエイジアの楽曲も納めたロンドン公演の模様は、DVDビデオ『live in LONDON』として発表された。

そして続くアルバム『KISS OF LIFE』を発表、東名阪ツアーを行う。そしてコンピレーション盤2枚を発売し、これに伴うツアー「RXの休息」の後再び活動を休止した。その後も同3名は「デーモン小暮の邦楽維新Collaboration」において「黒船バンド」名義でのライヴ活動を行っていた。

2013年、10年間の活動休止期間を経て復活。プログレロックをベースとしたアルバム『Heliosphere』をリリースした。

作品
アルバム
* CHEMICAL REACTION (1991年)
*# S.T.F (作曲:ゼノン石川、編曲:松崎雄一)
*# FUNKAHOLIC BROTHE
続きを見る
閉じる

スポンサードサーチ

このページの上部へ
RX(アールエックス)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!