トップ > 氷川きよし(ヒカワキヨシ)

氷川きよし(ヒカワキヨシ)

氷川きよし

レビュー

氷川きよしの公演について感想やコメントを投稿しよう!
現在のレビュー件数:97件
氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。

本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系楽曲の発表時にはKIYOSHI名義で活動したこともある。

来歴
福岡市立大楠小学校・福岡市立高宮中学校を卒業後、福岡第一商業高等学校に進学して卒業。

2000年2月、「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビュー。同年末の音楽賞・最優秀新人賞を総なめにした。

2001年には『オリコン ウィーク The Ichiban』(現:『oricon style』)誌の表紙を飾る。演歌歌手が同誌の表紙を飾るのは、『オリコン・ウィークリー』時代から数えても松村和子、城之内早苗に続いて3人目であり、男性演歌歌手では初めてのことだった。

2001年からリリースされている「演歌名曲コレクション」シリーズは、発売される度にオリコンアルバムチャート初登場ベストテン入りを記録している。また、シングルにおいても、2001年に発売された「大井追っかけ音次郎」で総合チャートベストテン入りを果たして以降、「氷川きよし」名義のシングルは全てシングルチャートベストテン入りを果たしている。この記録を保持するのは演歌歌手では氷川のみである。

2003年頃から、通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する氷川の代表曲(「箱根八里の半次郎」「きよしのズンドコ節」など)では、背景映像に氷川本人の出演する映像が多く採用されている。

2006年、「一剣」で日本レコード大賞を受賞、歴代4人目のレコード大賞3冠となった。2007年、「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞となる。2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。また、歌手活動以外にもタレント活動や歌謡劇への出演などを展開している。

2014年8月21日、元マネージャーに対する暴行及びホモセクハラの疑いで警視庁麻布署に書類送検されたが、後に元マネージャーとは示談が成立した。

特徴
楽曲
往年の演歌、昭和歌謡やムード歌謡、ポップスやロック調の歌まで、特定のジャンルにとらわれず楽曲に真摯に向き合い、チャレンジしている。「演歌名曲
続きを見る
閉じる

氷川きよしのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
氷川きよし(ヒカワキヨシ)のチケット発売情報。音楽ライブやコンサートツアー、演劇やスポーツの2015年のチケット先行情報もお届け!