トップ > 辻井伸行(ツジイノブユキ)

辻井伸行(ツジイノブユキ)

辻井 伸行(つじい のぶゆき、1988年9月13日 - )は、日本のピアニスト。2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝した。上野学園大学在学中。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。

略歴
東京都豊島区出身。産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれる。出生時から眼球が成長しない「小眼球」と呼ばれる原因不明の障害を負っていた。筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)卒業。

1995年(平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。10歳となった1998年(平成10年)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し、鮮烈なデビューを飾った。

1999年(平成11年)(11歳)、全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞した。

2000年(平成12年)(12歳)、第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールにて行い、翌2001年(平成13年)すぐに第2回のソロ・リサイタルを開催した。この他に、神戸音楽祭に出演するなど日本各地でコンサート活動を行っている。

2002年(平成14年)に「佐渡裕ヤングピープルズ・コンサート」に出演した。また同年、東京オペラシティ・コンサートホールで行われた金聖響指揮、東京交響楽団とのコンサートでは、モーツァルトとショパンのピアノ協奏曲2曲を演奏し、大成功を収めた。

2003年(平成15年)には齊藤一郎指揮、読売日本交響楽団と共演し、この公演は日本テレビ「深夜の音楽会」で放送された。また秋山和慶指揮、東京交響楽団とサマーコンサート2003に出演した。

2004年(平成16年)には東京交響楽団の定期公演に出演し、大きな反響を得る。

2005年(平成17年)6月に、レオシュ・スワロフスキー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めた。同年10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞した。

2009年(平成21年)6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日
続きを見る
閉じる

辻井伸行のチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
辻井伸行(ツジイノブユキ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!