トップ > Superfly(スーパーフライ)

Superfly(スーパーフライ)

Superfly(スーパーフライ)は、日本の音楽ユニット。所属レーベルはWARNER MUSIC JAPAN、所属事務所はタイスケ。

概要
元々はボーカルの越智志帆とギターの多保孝一による音楽ユニットとしてデビューしたが、多保がコンポーザーおよびアレンジャーの仕事に専念するために表舞台から退いたことにともない、越智のソロプロジェクトとなった。

ユニット名はカーティス・メイフィールドの「Superfly」という曲を歌う映像に、多保が高校時代にテレビで見て衝撃を受けたことに由来し、越智が加入する前からすでに決まっていた。

略歴
; 2003年
* 越智志帆と多保孝一が松山大学の軽音楽サークルを通じて知り合い、新入生と上級生が一緒にバンドを組んで演奏した新入生歓迎ライブをきっかけに「フィソガー5」というコピーバンドを始める。その当時は、遊びでフィンガー5や忌野清志郎からマドンナやザ・クラッシュ、ローリング・ストーンズまで、ジャンルも関係なくカバーして演奏し、それがのちのSuperflyの原型になった。

; 2004年
* 多保が大学のサークル内で結成したSuperflyに越智が加入。彼に代わってボーカルを務めるようになり、ブルースを前面に押し出したオリジナル楽曲を演奏し始める。しかし二人の音楽性に理解を示す人間は少なく、メンバーの入れ替わりも激しかった。活動に限界を感じた多保と越智は、自分たちと同じ音楽を好きな人間を探そうと松山市内や愛媛県内で張り紙をしたりしてメンバーを募ったがなかなか集まらず。それでも、自主制作していた音源だけは売れていたという。

; 2005年
* 知り合いの伝手で下北沢のライブハウス「屋根裏」でライブを行う。その時、愛媛から色々なレコード会社に送っていた2曲入り自作CDを聞いた音楽業界の人々が観に来てくれて、二人は地元と東京との差を実感し上京を決意する。

; 2006年
* 3月、上京して活動の場を松山から東京に移す。しかし東京でもメンバーは見つからず、この頃より越智と多保の二人だけで活動するようになった。そのためライブ活動がまったくできず、発想を転換してデモ音源を作ってレコード会社や芸能プロダクションに送ったり配ったりすることに力を入れるようになった。そのうちに音楽業界の人間と知り合うようになり、デビューのきっかけを得た。

; 20
続きを見る
閉じる

Superflyのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
Superfly(スーパーフライ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!