トップ > ポール・ポッツ(ポールポッツ)

ポール・ポッツ(ポールポッツ)

ポール・ポッツ

レビュー

ポール・ポッツの公演について感想やコメントを投稿しよう!
現在のレビュー件数:5件
ポール・ポッツ(Paul Potts、1970年10月13日 - )はイギリスの歌手。

略歴
イングランド西部の港湾都市ブリストル出身。10歳から教会で聖歌隊として歌い始める。生い立ちがあまり恵まれず、周囲からいじめられ続けていた中、「歌っている時だけ唯一、自分に自信が持てた」とインタビューで語っている。

1986年(16歳の時)、世界三大テノールの一人であるオペラ歌手のホセ・カレーラスの声と出会う。彼の美しい歌声に魅了されたポッツは、「いつか彼のようになり満員のオペラハウスで歌いたい」という夢を抱いた。しかし容姿にコンプレックスを持っていたポッツは自信が持てず、プロへの道を一時断念する。

セントマーク&セントジョン大学では人文学を専攻し、1993年に優等学位を得て卒業した。1994年、大学を卒業した後、スーパーマーケットに就職。この間に自由民主党のブリストル市議員(1996年 - 2003年)を務めた。プロの道は断念したものの、その後もアマチュアのオペラ劇団でオペラを学び、ボイストレーニングを続けた。

1999年、英国ITVの番組『Barrymore's My Kind of Music』に出演して、賞金8000ポンドを獲得した。その賞金を充てて2000年に3ヶ月、2001年に6週間イタリアに私費留学し、オペラを学んだ。

1999年 - 2003年、彼はアマチュアのオペラ劇団(バースにあるバース・オペラ )やアマチュアのオペラ・プロダクション(ロンドンを拠点にするSouthgate Opera Company)に参加し、無償でオペラ活動を続けた。

2001年2月、インターネットのチャットルームで女性ジュリー=アンと知り合い、その2年後の2003年5月に結婚。結婚式では妻に『カヴァティーナ』(映画『ディア・ハンター』の主題曲)を捧げたという。

2003年のある日、急性盲腸炎の手術を受けたところ、副腎に腫瘍があることが判明。医者の勧めで腫瘍の切除手術を受けることになるが、医者の反対を押し切り、その間にもオペラを歌い続けていた、とポッツは後日のインタビューで明かしている。

2003年7月、自転車で出勤中に交通事故に遭い鎖骨を骨折。むち打ち症にも悩まされた。命に別状はなかったが、長期の入院生活を余儀なくされ仕事を失う。退院すると莫大な治療費の請求が来たため
続きを見る
閉じる

ポール・ポッツのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
ポール・ポッツ(ポールポッツ)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!