トップ > ももいろクローバーZ(モモイロクローバーゼット)

ももいろクローバーZ(モモイロクローバーゼット)

ももいろクローバーZ(ももいろクローバーゼット)は、スターダストプロモーション所属の女性アイドルグループ。愛称はももクロ、ももクロちゃん。Zの文字を宙に書いて指を突き出すポーズを常用する。

概要
「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込め、ももいろクローバーとして2008年5月17日に結成。2011年4月10日にサブリーダー・早見あかりの脱退に直面し、その翌日から心機一転、ももいろクローバーZとなって再出発した。

結成当時は全員が学生であったため、週末ヒロインと称して土日を中心に活動を始めた。しかしメンバーは”本当に有望で事務所に入ったわけではなく、努力の必要がある人たち”だと判断され、メディアに取り上げられることのないライブアイドルとして、数人の客を相手に路上ライブからのスタートを強いられた。その後も、全国ツアーと称して車中泊をしながら各地の家電量販店を回って、店先で踊りCDを手売りするなど、数多くの下積みを経ておりメジャーデビューまでに約2年を費やした。今でもライブでは、ファンへの感謝を深く長いお辞儀で表すシーンが度々見受けられる。

ひたむきで気力あふれるライブパフォーマンスが特徴。数々の試練にも笑顔で、そして全力で立ち向かう姿勢が評価されている(省略)
(省略)。そのスタンスと呼応するように、歌詞には純粋な夢や情熱を感じさせるものが多い。もともと”和”をコンセプトとしたグループであり、昭和を代表する南こうせつや加藤茶といった人物をゲストとして招くなどしており、松崎しげるとは8回にも渡ってライブで共演している。また、プロレス・格闘技を意識したパフォーマンスやパロディが見受けられ、過去には武藤敬司や角田信朗らがゲスト出演した。

様々な「他流試合」を行うことも特徴であり、現職の内閣官房参与(飯島勲)と政治をテーマにトークライブをしたり、国際的なハードロックフェスへの出演なども行ってきた(オズフェスト#ももいろクローバーZ出演の波紋を参照)。

キャッチフレーズは”いま、会えるアイドル”。これはファンとの距離感の近さを重視してつけられたものである。握手会などのいわゆる接触系イベントを行わない方針に転換した2012年以降も、地方回りをしてローカル番組にサプライズ出演したり、現地の人々と交流をしたりといった活動を地道に行っている。

夢の変遷
2008年
続きを見る
閉じる

ももいろクローバーZのチケットを買ったことがある人はこれもチェックしています

スポンサードサーチ

このページの上部へ
ももいろクローバーZ(モモイロクローバーゼット)のチケット発売情報、プロフィール、動画、画像などはチケットぴあで!